ビスケットの缶

Holiday Season

c0033994_1375752.jpg
サンクスギビングの連休には出来上がったクリスマスカードの宛名書きを少しずつはじめようと思う。
ことし一年の思いをこめて。ことしも一年ありがとう、と。

 明日はサンクスギビング。小人たちと出かけたお店の駐車場で、金色の包みにくるまったターキーを大事そうに抱えた女性を見かけた。アメリカの家庭では、みんなご馳走を用意して家族や友人とすごす。家々からは夢のようなご馳走のにおいがこぼれてくる。大きなターキーを焼くのは大仕事だ。昔ながらのご馳走は、日本もアメリカも違いなく、手間も時間もかかるのだと思う。
 お買い物に出かけると、サンクスギビングを目前にして、お店のデコレーションはすっかりクリスマスへとシフトしていた。クリスマスツリー、オーナメント、テーブルリネンや真新しいグラスやカトラリーのセット、くるみ割り人形、アドベントカレンダー…誰かの贈り物や、誰かをもてなすためのお買い物をする人々のカートも山のように積まれていく。きらきらと輝くクリスマスグッズと同じくらい、鈴なりのお買い物の袋を提げた町をゆく人々の顔も輝いている。クリスマスのことを考えるのは楽しい。特に誰かのギフトのことを考えるのはとても。ポストには毎日のように、クリスマスのギフトのアイディアやリストなどを載せた、お店からのカタログが届く。それをぺらぺらとめくりながら、空想の中でいろんなお買い物をする。すべてを買うことはできないけれど、そんな空想をする時間こそ、この季節ならではの楽しい時間だ。そんなさなか、この連休にヨーロッパへ旅行へ出かけている友達からテキストが届く。イギリス、ベルギー、今はオランダにいるという。サンクスギビングの明日はフランスですごすのだとか。届いた写真を眺めながら、ヨーロッパの冬の空気を想像する。冷たい石畳を美しい町並みを、そしてご馳走を。行ったことのないヨーロッパに思いを馳せ、私も幸せな気持ちに包まれる。
 日中は27度という11月とは信じがたいような気温になるLAだけど、家のなかはひんやり冷えていて、紅茶がおいしい季節になった。サンクスギビングの連休の前日、我が家でお友達と子供たちが遊ぶの傍ら、お茶をした。大きなティーポットに紅茶を淹れて、あれこれとおしゃべりしながら、ワインのボトルならぬティーポットを空けた。紅茶はこういうシーンにぴったりだと思った。女同士気の置けない友達と終わりのないようなおしゃべりの時間に。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-11-27 13:43 | まいにちのこと | Comments(2)
Commented by ori--iro at 2014-11-27 14:59
11月だというのに、驚きの暑さでしたね。
我が家は30度!(信じられない)
気温差で、またムスコの喘息がでないかとヒヤヒヤしてます。
今年は遠出の予定をキャンセルし、我が家もゆったりとしたサンクスギビングとなりそうです。
↓cinnamon家のテーブルコーディネートにうっとりです。
オシャレで素敵です。
クリスマスカードといい、cinnamonさんの時間の使い方を見習って、
ワタシも余裕を持っていたいな、そう毎年思うのですが・・・
毎度バタバタしてしまいます(苦笑)
これからクリスマス、年末に向け、一層バタバタしそうです。

クリスマスカードの小人兄弟の大きな成長にビックリです。
小さかったボーイズが、心も身体も大きくなっていく姿に、
いつも励まされ、楽しませて頂いてます。
素敵なサンクスギビングを~!!
Commented by cinnamonspice at 2014-11-28 05:58
+oriさん+
Happy Thanksgiving!
いかがおすごしですか。

11月ということが信じられないくらい暖かいですね。一体どうしてしまったのでしょう。
oriさんのご家族はご旅行の予定だったのですね。
このお休みまで、学校からサッカーからいろんなイベント盛りだくさんだったので、のんびりな休日もいいものですね。
 サンクスギビングの今日は、だんなさまがビーフシチューを仕込んでいるところです。(うちはビーフシチューが定番です。)ご近所からもターキーを焼くいい香りがこぼれてきて、幸せな気持ちになります。
こんなに暖かいけれど、気がつけばもう11月も終わり。12月の足音がすぐそこまでですね。ことしはクリスマスカードを早めにオーダーしたものの、うさぎとかめのうさぎのように、安心してしまって、まったくそこから手付かずでいます。(笑)
ori家の息子さんも娘さんも(娘さんはすっかりお姉さんな大人な雰囲気!!)、ブログで拝見するたびにとても大人っぽくなっていて、親戚のおばちゃんのようにびっくりです。この年頃は特に成長が著しいですね。
もう少ししたら靴のサイズも抜かされていったりして。
日々いろんなことがあるけれど、子供たちの健やかな成長がなによりうれしいですね。