ビスケットの缶

一歩

c0033994_7212748.jpg
一人のランチは、ついつい子供たちのお弁当の残りものなどで適当にすませてしまうことが多いけれど、
最近はなるべく、サラダかスープと果物をランチに取ることにしています。

 これまでスマートフォンを手にしたことがない私に、だんなさまがiphoneを買ってくれた。私は機械に疎いので、そもそもスマートフォンとはどういう電話のことを呼ぶのかさえよくわからない。今まで持たなかったのは、スマートフォンを持つことで電話に振り回されるような気がしたからだ。アンティークや古いものが好きで、いろんなもののスピードが速い時代にも抵抗があるからかもしれない。(要するにへそ曲がりなのです。)そんな私も、日本に暮らしていた結婚前までは片手でメールも打っていた時代があった。アメリカに来て、子供を持ってからはすっかり電話の必要性がなくなった。電話をかけることはほとんどないし、メールは書くけれど、テキストを打つこともなくなった。そのとき、なんだか電話から開放されたような気持ちがした。それ以来、ずっと電話とは疎遠になっていた。そんな私を知る友人のアメリカ人のご主人は、ハロウィーンのパーティで、私がiphoneを手にしたことを知って、
「Welcome to 21st century!」
と言ったので、思わず一緒に笑った。本当に、私はいまだに20世紀に住んでいるおばあさんだと思う。おばあさんが急にiphoneを手にしてしまったのだから、大変だ。友人のご主人は、さっそく、仮装した私とだんなさまの写真を撮って、その場で写真付きのテキストを送ってくれた。
「cinnamonさんの返事はおそらく一週間後になるよ。」
と言うだんなさまの隣で、
「一年後。」
と、私が訂正すると、みんなで笑った。
 今の私には、エジソンがライトを発明した時の当時の人々のように、電話で本当にいろんなことができることにただただ驚く。World Clockに驚き(時計の時間を合わせる必要もない!)、天気予報が見れることに驚く。ステータスバーという言葉も最近知ったところだし(電話以前の問題)、プロバイダーやら、何ギガやらなんてもってのほかだ。携帯を取り出しては時間ばかりチェックしている私に、だんなさまが
「高い時計だなぁ。」
と、半ば呆れながらぼやいている。
 一年後と言っていたテキストの返事は、なんとか昨日送ることができた。四苦八苦してパーティで撮ったお友達のご主人の写真を添付して、一言、
「Thank you!」
と書いて送ると、アメリカ人のご主人から
「ありがとう!」
と送られてきた。すっかりあべこべで思わず笑った。最初のテキスト、21世紀のはじめの一歩を歩みだした。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-11-04 08:04 | まいにちのこと | Comments(6)
Commented at 2014-11-04 11:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cloversdesign at 2014-11-04 12:35
I-Pohneデビューおめでとうございます。
わたしも1年前にデビューしましたが、日本語でテキストが打てるのに感動!
メールも携帯で隙間時間に見れてしまう。とんでもない神機です…ただこういう便利物ってある程度線引きが必要かな…上手につきあっていきたいですね。
Commented by cinnamonspice at 2014-11-04 12:35
+鍵コメントさま+
こんにちは!
iphoneデビュー、本当にこのままiphoneを持つことはないかなと思っていたので、突然の進展です。
ガラケーというのですね。初めて知りました。またまたお勉強です。(笑)
私の携帯は、自分の携帯なのに、結局のところ、番号の移行からなにからすべてだんなさまが手続きしたので、私は一切知らなくてお恥ずかしい限りです。ラインも目下、だんなさまからの宿題のひとつです。習得するのはいつのことやら。(笑)昨日はインターネットを始めて使ってみました。毎日新しいことばかり、赤子の気分です。うふふ。
Commented by cinnamonspice at 2014-11-04 12:53
+cloverさん+
こんにちは~
cloverさんは、一年前にデビューされていたのですね。
私の周りでも、私と同じく機械に疎い姉にも一年ほど前に先を越され、本当に最後の一人だったように思います。それにしても、実際に使ってみると、確かに便利ですね。私の以前の携帯を思うと(daylight saving timeも自動にあわせてくれるなんて!!)、確かに世紀を超えた感じがします。(笑)日本語で打てるのも本当に感動ですね。
携帯にに振り回されるか振り回されないかは、使い手しだいですね。道具に使われないように、気をつけようと思います。
Commented by ori--iro at 2014-11-04 13:21
おいしそうなランチの素敵なセッティングにうっとりです。(まるでカフェのよう)cinnamonさんが機械に疎いなんて意外でした。と、言うわたしも全くど素人でして、今ではムスコやムスメの方が詳しくて、教えてくれたり、セッティングし直してくれたりと、大変子ども達に助けられてます(笑)
わたしもiphoneですが、使いこなせてはいません。ただの緊急用(我が家にはHome phoneがありません)、同じく時間の確認用です。
時代の進化、流れのスピードには、もうついていけずです。トホホ
ただ、この時代に居る限り必要ではあるのかな。
先日もレストラン待ちの時に、時間になったらテキストで教えてくれると言うのだったり(アラーム代わり?)、
日本からの郵送物も事前にテキストメールで確認がきたり(それでサインアップすればサイン要らず)、
便利で欠かせれなくなっているのも現実(事実)ですね。
ただ、わたしもたまーにパソコンも携帯もなかった時代に戻りたくなります。
電報まではいきませんが(笑)、手紙を書いていた頃(LAに来た当初もそうでした)、フォンカードを買って国際電話していた貴重な時間、思い...
今ではない暮らしを知っている人間には、どこか寂しい気持ちも正直あります。
Commented by cinnamonspice at 2014-11-05 14:03
+oriさん+
oriさん、こんにちは。
あたたかなコメントありがとうございます。カフェだなんてとんでもない、残りもののまかないごはん風というのが正しいかもしれません。(笑)
私の機械音痴はかなりのレベルです。(威張れない。笑)oriさんは使いこなしていらっしゃってすごい!!レストランもテキストでお知らせしてくれるのですね。郵便物も事前にテキストメールで確認できたり、サイン要らすだったりできるのですね。驚きです。またまた勉強になりました。
時間の使い方も時代とともに変わりつつありますね。昔の人も今の人も持っている時間は同じなのですよね。便利な道具も使い方次第、依存しない程度に(するほど使いこなせそうもありませんが。笑)うまく付き合っていきたいと思います。