ビスケットの缶

美しい時間

c0033994_923178.jpg
お茶の道具を見ているとき、在廊されていた安藤さんともはじめてお話させていただいた。
作品そのままの、とても穏やかなおしゃれな方だった。

 Abbot Kinneyへ、安藤雅信さんの個展を見に行った。カード(写真上)に載っているいるまるい落雁のようなおいしそうなもの、銀彩や鉄彩、さまざまな質感のオブジェやボウルなど、とてもすてきな空間だった。棚の上や床にぽつんと広い空間においたらすてきだろうな、空想が膨らむ。我が家には残念ながらそんなスペースはないので、空想だけで楽しむ。中でも、とてもすてきだったのは、野点のお茶のセットだった。小ぶりのシェーカーボックスに茶せん、茶せん立て(陶器でできた1センチほどのおなべの蓋のような形のもの)、金属製のソルトスプーンのような形の茶杓、小さな木製のなつめ、茶せん入れ、金属製の茶巾入れ、手にやさしく収まる茶碗、ひとつひとつがまめまめしくてとても機能的にできていて、本当にすてきなセットだった。
 安藤さんとお話をしたときに、私もシェーカーボックスにお茶の道具を入れていると話した。私のは野点用ではないのですべてが大きくて、銭湯に行くお風呂セットのように、持っているとことこと、と楽しい音がする。安藤さんのもののようなすてきなものではないけれど、ひとつひとつこだわりをもって選んだものなので、その楽しい音とともに気に入っている。本当は安藤さんのものをご紹介したいのだけど、カメラを持って行くのを忘れてしまったので(本当に残念)、お見苦しいけれど、私のものをご紹介。
c0033994_947214.jpg
お茶セットが入ったシェーカーボックスは普段はリビングに飾りながら置いています。
c0033994_9472944.jpg
箱を開けると、こんな風に収まっています。
c0033994_9473981.jpg
茶碗の下には、以前自分で作ったこぎん刺しのマット、すす竹の茶せんと、茶碗は浅井純介さんのカフェオレボウル。
白と黒を持っているので、冬は黒を使ってみたりします。


安藤さんのものを見てみたいという方はぜひ、exhibitionへ足を運ばれてくださいね。
展覧会は9/5~9/28迄開かれているそうです。
今日(9/7)の17:00~20:00にレセプションパーティが開かれているそうです。

TORTOISE GENERAL STORE
1208 Abbot Kinney Blvd
Venice, California | 90291
Tel/FAX. 310-314-8448

[PR]
by cinnamonspice | 2014-09-08 09:57 | すきなもの | Comments(4)
Commented by ori-iro at 2014-09-09 04:06
凄いです。安藤さんの個展がロサンゼルスで開かれているなんて!!
全く知らなかった情報だったので、今、凄く興奮してテンション上がってます(笑)素敵なお話、嬉しい情報をありがとうございます。
いつもcinnamonsなんは楽しい、オシャレなアンテナがのびていて、
刺激されっぱなしです。
シェーカーボックスにお茶の道具...発想(アイディア)が素敵ですね。
cinnamonさんのお宝道具、暮らしを楽しむ音。
是非、ゆっくりとお供したくなる時間です。
いやぁ~伺ってみたいです。ホント...行ってみたいです。
(けど、こっそり一人で行きたいのが本音です。子ども達が...笑)
Commented by cinnamonspice at 2014-09-09 16:40
+oriさん+
そうなんです。私も興奮気味にかけつけました。
実際に作品を間近で見て、美しい作品にうっとりでした。生活に寄り添う作品というのではなく芸術性のある作品がメインだったみたいなので、狭い我が家が悔やまれましたが…(汗)
 一方で、野点用のお茶のセットは、おままごとのように小さくてかわいらしくて乙女心を揺さぶられました。どれも本当に贅沢なつくりで、こんなすてきなセットがあったら…と夢想してうっとりでした。昨日のレセプションパーティでは、安藤さんが野点をしてくださるというお話もされていたので、いただけた方はラッキーですよね。みなさん、きっとすてきな時間をすごされたのではと思います。
 すてきな個展にうちは、わいわいと子連れで行きましたが(笑)、こっそり子供抜きで、(笑)ぜひいかれてみてください。
Commented by yoshiko at 2014-09-17 04:59 x
こんにちは。
安藤さんのシェーカーボックスに厳選された茶道具の組み合わせ、知っています。十数年前、雑誌ミセスでも限定販売され、その時は本当に欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、掲載記事をスクラップすることしかできず。今も私の憧れです。
ところで、嘉門工藝さん、御存知でしょうか。ここのお店もまた素敵なんです。オンラインショップ、是非御覧になってみて下さい。
cinnamonspiceさんのシェーカーボックスも素敵です。私は白樺の小物入に小さなカフェオレボウルと、ミニサイズの紅茶の空き缶に抹茶を入れて、野点籠にしています。ピクニック気分でお湯を入れた水筒があれば、どこでもお点前を楽しめますよ。
Commented by cinnamonspice at 2014-09-17 13:54
+yoshikoさん+
こんにちは。
コメントくださってありがとうございます。
野点のお茶の道具は箱庭のような、ままごとのようなかわいらしさがたまりませんね。安藤さんのお茶道具、長い歴史があるのですね。小さいけれど、ひとつひとつがこだわりのいい仕事をしていて、本当に宝の箱のようでした。
yoshikoさんの野点籠、想像しただけでわくわく胸が躍ります。カフェオレボウルと紅茶の空き缶の組み合わせ、とってもモダンで、機能性もあってすてきです。青空の下でいただくお抹茶、おいしいでしょうね。空想が膨らみます。
嘉門工藝さん、初めてお名前を知りました。さっそく拝見して楽しませていただいています。茶箱・茶籠セット、とても美しいですね。単品のお茶の道具にもうっとりです。すてきなお店を教えていただきありがとうございます。