ビスケットの缶

Narrowsへ

c0033994_7255189.jpg
午後は混むので、朝早起きして川のトレッキングをしにNarrowsへ。
山の朝は長袖でも寒いくらい。
Narrowsの入り口まで、20分くらい山道を歩きます。
c0033994_6593314.jpg
ウォーターシューズに履き替えて、いよいよNarrowsへ。
c0033994_70586.jpg
8月でも想像以上に冷たい川の水に、そこここで思わず歓声があがります。
でも、歩くうちに少しずつなれていきました。
c0033994_7103878.jpg
川の中に道はないので、川のどこを渡るのか、どう行くのかを自分たちで考えて前に進みます。
場所によっては深かったり、流れが速いので、ルートをしっかり考えることが大切。
c0033994_7104644.jpg
ひざ上くらいの深さの場所も、ずんずん勇ましく進んでいく小人。
c0033994_7105430.jpg
途中見つけた、アートのような泥でつけた手形たち。
c0033994_711955.jpg
小人たちもさっそくやってみます。
c0033994_7111968.jpg
見上げるとインディ・ジョーンズの世界のような景色が広がります。
c0033994_714484.jpg

c0033994_7141840.jpg

c0033994_7143346.jpg
不思議な縦縞の岩。
c0033994_7152630.jpg
c0033994_7153399.jpg
大きな洞窟を見つけて探検したり、
c0033994_7162131.jpg
小さな滝を見つけて触ってみたり。
完全にアドベンチャー。

c0033994_716531.jpg
踏破するには丸2日ほどかかるというNarrows。
帰り道のスタミナも考えて、終わり(限界)を決めるのも自分たち次第。
1時間半ほど歩いて、帰ることにした小人たちの一方、物足りないだんなさま。
「次回は今回よりもさらに奥を目指そう。」
「あすなろ」の精神で。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-08-24 02:10 | まいにちのこと | Comments(0)