ビスケットの缶

ヨセミテ キャンプ 4

c0033994_10564289.jpg
3日目の朝、キャンプサイトに鹿が朝ごはんを食べにきました。

ヨセミテでは熊がよく出没する。入り口のレンジャーからは
「Active bear visits the campsite every night.」
と言われる。
渡された熊への注意書きと食べ物をきちんと管理することに宣誓する紙にも、
「You are now in bear world.」
と書かれていてちょっと怖くなる。

夜の闇は大きく、とっぷりと私たちを包み込む。日が沈むと、町にいたときには想像もしないほど心細くなる。熊やコヨーテなどの動物たちが動き出す夜は、底知れず怖い。彼らは山を知っている。私たちはよそ者だ。電灯の明かりのない夜、人間は頼りなく、キャンプファイヤーをしても夜の闇には到底太刀打ちできない。ここでは、人間は小さな存在だ。

朝、鹿が朝ごはんを食べにキャンプサイトに来た。のんびりと近くのやわらかそうな草を食む。
「鹿でよかったね。」
小人たちとつぶやいた。
c0033994_1053733.jpg
お昼のホットドックを用意して出かけます。
c0033994_10532415.jpg
この日は、Yosemite Fallsのトレイルを目指します。
これはヨセミテのUpper Fall。
c0033994_10533572.jpg
私たちが目指したのは簡単なLawer Fallのトレイル。
c0033994_10534462.jpg
この景色ともお別れ。
6時間運転して帰ります。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-28 11:11 | キャンプ | Comments(0)