ビスケットの缶

絵を描く

c0033994_2472141.jpg
家の中もクリスマス色に。

 お料理をしていると、絵を描くこととお料理をすることは似ていると感じます。絵を描くだんなさまの盛り付けは、美しくてお料理も生き生きとしています。ひとことで言えば彩りということなのかもしれないけれど、器と食材、色や配置のバランスを、絵を描く人はセンスという感覚でさらっとやってしまうからうらやましく感じます。それは料理だけではなくて、雑誌の中でインテリアや着こなしがすてきだなと私が惹かれる人はイラストレーターの方のことが多く、私のお友達でも、すてきな暮らしをされている人は絵を描く人(仕事にしていなくても絵が上手)なことが重なると、点と点がつながって線になるように思います。
 「絵を描く」という行為は普段なかなかすることは少ないけれど、身の回りを見回してみると、日常の中で私たちは知らず知らずと絵を描いているのだと思います。字を書くことも、家の中のインテリアも、食器洗いや洗濯物だって、片付け方や干し方も大きな意味でいうと絵を描いている。毎日同じのように感じる家事も「絵を描く」と思ったら、楽しく思えてきます。日々に色を加える、楽しく生きるコツはそういうところにあるのかもしれません。
c0033994_255373.jpg
ちょっと怖いおじさん顔の小人の音楽隊も飾りました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-11-24 02:57 | まいにちのこと