ビスケットの缶

fall colors

c0033994_6444885.jpg
秋色のネイルを塗りました。
こっくりとした葡萄酒色。
魔女のようなちょっと毒のある色合いが好みです。
c0033994_7239100.jpg
手入れの行き届いていない、お見苦しい手ですが…
手元に秋を加えるだけで心もうきうきするから不思議。
 小人は、いつの間にかテレビのハードディスクでの録画もできるようになって、ママよりも機械に強くなりつつあります。少し前に、小人から『NHKスペシャル』をレコードしたから消さないでと頼まれました。どういう内容の番組か尋ねると、
「宇宙の話なんだよ。」
と、小人が答えました。
 週末、その『NHKスペシャル』を家族で見ることにしました。始まってみると、タイトルは「神の数式」。ノーベル物理学賞を受賞した 南部 陽一郎さんの研究に触れる物理(数式)の話のようでした。
 円の形も、地球の大気の流れも数式で表すという物理学者たち。ニュートリノ、電子、強い核の流れ、弱い核の流れ、久しぶりに見るxとyの方程式で表される自然界のものたちは知らない言語を聞くように私にはさっぱりでした。でも、それは絶対音感の人が救急車や椅子を引く音も音符に換えるように、物を見ると数式に置き換えずにはいられない物理学者たちの眼鏡を借りて世界を見るようで不思議な感覚でした。美しい数式を追求する物理学者たちの世界は特別な人の世界とつぶやく私の隣で、
「あの物理学者たちだって、すべては『知りたい』という気持ちから来ているんだよ。」
と、だんなさまが小人に言いました。小人も持っている『curiosity』、“できないことはない”というだんなさまのメッセージが胸に残りました。
 気がつけば、そう話していただんなさまと弟小人は、番組半ばにして難解な『神の数式』にやっつけられて(眠って)いました。番組はおそらく小人が想像していたのとは違う内容でしたが、いろんなことにアンテナを張るって大切なことだと最後まで見続けた小人と話しました。
c0033994_6451895.jpg
小人と弟小人には秋色のコーデュロイのパンツを買いました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-11-06 07:04 | すきなもの