ビスケットの缶

贈り物

c0033994_4281184.jpg
姉から少し早い贈り物をいただきました。
開けるのもどきどきしてしまうくらいかわいい包み。

ハロウィーンまで駆け抜けた10月。最後に弟小人が風邪を引いて、そのあと私もその風邪をもらって寝込んでいました。二日間ベッドで眠り続けて、やっと動けるようになりました。眠っては起きてを繰り返しつつ、起きている時間に、お友達から借りた東野圭吾の「私が彼を殺した」と、「宿命」の二冊を読みました。真犯人に迫ろうとどきどきする病人の枕元に、小人が切り絵をプレゼントしてくれました。「早くよくなってね。」言葉は多くないけれど、私が病気をすると必ず小人は小さな贈り物をして届けてくれます。
c0033994_4333544.jpg
彼の世界はどこまでもハッピーでラブリー。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-11-05 04:36 | すきなもの