ビスケットの缶

c0033994_411875.jpg

 気持ちのいい気候に、朝、窓を思い切り開けて、秋の風を取り込みます。いつの間にか、お日さまはやさしい顔を覗かせるようになりました。
 この夏は風邪をひかずにすごせましたが、秋の到来とともに、小人が風邪をもらってきました。弟小人へリレーして、最終走者はやはり私。子供たちはくしゃみや咳をしていても駆け回っていたのに、お母さんは年のせいか、起きているのもやっとです。昨日から太鼓を習い始めた弟を、熱々のしょうがを効かせたChaiを飲みながら待ちました。昨晩、苦しくて眠れない私に、明け方小人が起きてきてピンクの鶴を一羽折ってくれました。
「ママが早く元気になりますように。」
それが一番の薬になりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-25 04:09 | まいにちのこと