ビスケットの缶

candle flame

c0033994_6543016.jpg

2012年という年が静かに終わろうとしています。
私たち家族にとっては小さな風を受けるたびにキャンドルの明かりのようにゆらゆらとゆらめきながら、家族寄り添って乗り越えた一年でした。振り返ると、つらいときだけでなくそれ以上にたくさん笑っていたのだと思います 。小人の入院をはじめ、苦しいときいろんな人のあたたかな支えを感じた今年は実は幸せな一年だったのかもしれません。
 人は小さい存在だけど、グラスの中のキャンドルの明かりのように空気の振動にちらちらとゆれながらも頼りなくもけなげに美しく光を放ち続けるのが人生なのだと思います。最後の最後の輝きまで。
 
 今年もこの「ビスケットの缶」をたずねていただきありがとうございました。
新しい年がみなさまにとって光に満ちた一年になりますように。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-12-31 22:10 | まいにちのこと