ビスケットの缶

ほのぼの

c0033994_759488.jpg
キッチンの棚の上の農場。
小指の先ほどの小さな動物とそぼくな夫婦のようすにほのぼの癒されます。

 夜、ベッドに入ってふとんを首までかけてきつくくるまっていたら、ミイラになったような気持ちになりました。 でも、不思議と安心するような、心地よい感覚。ふと、小人たちが赤ちゃんだったころのことを思い出しました。
 生まれたばかりの病院で、看護婦さんが小人をお風呂に入れるところを見せてくれました。お風呂あがり泣いていた小さな小さな小人はブランケットでぐるぐる巻きのマトリョーショカみたいにされると、ぴたりと泣き止んで、すうすう眠っていたっけ。看護婦さんによってマトリョーショカのようにくるまれた新生児たちがずらーっと並んだ様子は、とてもかわいらしくてほほえましい光景でした。でも、初めて見たときは、あんなにぎゅうぎゅうに手も足も動かないくらいきつめにくるんでしまうのは、赤ちゃんは窮屈で嫌がるのではないかと心配したけれど、見ているうちに生まれたてのベビーには手や足が自由なのはもしかしたら不安だったのだと気づいたのでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-12-29 08:05 | すきなもの