ビスケットの缶

crisp air

c0033994_14492420.jpg
クリスマスまで毎日少しずつ切り分けて、シュトーレンをおやつに食べています。
だんなさまも小人も食べないから、私だけの独り占め。

お友達から、自宅からの海を臨んだ夕焼けの写真が送られてきました。水色とピンクと紫のグラデーションの空の向こうに、パームツリーと海がありました。胸いっぱいに吸い込んだら、甘い綿菓子のような味がしそうなきれいな夕焼けでした。
 水彩画のように美しい夕焼け、都会でも見られる満点の星空や漆黒に浮かぶ凛とした月、空気が澄んでいる冬は大好きな季節です。寒くて震えていても冬生まれのせいか水に放たれた魚のようにのびのび泳げるような気持ちになります。冬のこの空気も、アメリカの人は「空気が澄んでいる」とか、「空が高い」と表現しないのだと知りました。“crisp air”って言うのが一般的なのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-12-23 14:57 | まいにちのこと