ビスケットの缶

thankful

c0033994_104909.jpg
クラフトペーパーで、Mayflower号にみたてて船を折りました。
帆には小人と弟小人の名前を入れて。
キャンドルの灯台の合間を勇敢に進んでいきます。

 アメリカはThanksgiving Weekを迎えました。今日、弟小人のクラスではThanksgiving Partyが開かれ、子供たちはママたちの心づくしのたくさんのご馳走をいただきました。ご馳走でほっぺたを膨らませた幸せな子どもたちの顔が何よりの贈り物でした。その帰り道、車に向かう途中リスに会いました。なにやら殻つきの胡桃のようなまあるいものを口にくわえて、いそいそと私のそばをするりと通っていきました。私に気がついて、慌てて金網を潜り抜けて学校の敷地に入ろうとしたものの、頭が入るけれど体が通らず何度も別の金網の目を挑戦している様子がかわいらしくて、驚かさないようしばらく足を止めて見つめていました。あのリスも、今頃おうちでおいしいご馳走を食べているのかな。
 小人が学校から持ち帰った七面鳥のクラフトには、羽根一枚一枚に小人が感謝するものについて書かれていました。私もこの一年を振りかえりながら、毎日に、子供たちに、いつも穏やかに照らしてくれるだんなさまに、あたたかい友人たちに、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。
+++
 今日も、「ビスケットの缶」を訪ねていただきありがとうございます。みなさまもどうかすてきなサンクスギビングをおすごしください。
 
 
[PR]
by cinnamonspice | 2012-11-21 12:34 | まいにちのこと