ビスケットの缶

8年

c0033994_5205285.jpg
小人のリクエストのビーフシチュウ。だんなさまが二日がかりで作りました。
カラメルオニオンの甘い香り、お肉を焼き付ける香り、ハーブを加えて煮込む香り、工程がすすむたびにおいしい香りが朝から家中に広がって、食いしん坊たちはにおいに誘われてキッチンの周りをうろうろ。

 週末、家族で小人の誕生日を祝いました。一ヶ月前の入院が今では夢のように思えるほど元気になりました。元気でいてくれることがなによりの喜びです。
 小人の誕生日、入院中に何度もナースに小人が生まれたときのことを聞かれたことを思い出しました。
「彼が生まれたときはどうでしたか?」
「彼は健康に生まれた?」
「重さは?身長は?」
私は小人の体重も身長も細かに覚えていないようなだめな母親でした。小人が生まれたときのことを思うとき、いつもハワイの病室の窓から見えた青空と教会の気持ちのいい景色のことを思い出します。そして、小人はひょろひょろとびっくりするくらい小さかったこと。小さな手、小さな足、マトリョーショカのようにくるくるとブランケットにくるまれた姿。小さなしましまのニット帽。はじめてあなたを抱っこしたとき、言葉の前に涙がこぼれたこと。保育器の中のあなたを見ていると時間を忘れてしまったこと。静かな病室で、二人きりすごした永遠のような時間。小さなピースが少しずつよみがえってきます。
c0033994_521365.jpg
前菜は小人の大好きなプロシュート、Toscanチーズ、サラミ。
デザートは小人のリクエストでケーキの代わりに、mochi creamを食べました。
餅の中にはクリームとフレーバー餡が層になって入っています。
私はカフェオレとあずきをいただきました。
冒険アイテムのカフェオレも意外にとてもおいしかったです。

[PR]
by cinnamonspice | 2012-06-05 10:14 | まいにちのこと