ビスケットの缶

おいしい一日

c0033994_230814.jpg
ひと粒、ひと粒に物語がこめられているようなピエール・マルコリーニのチョコレート。

c0033994_2301649.jpg
さくさくとろりのCORNEのトリュフチョコレート。

 マーチンルーサーキングの連休、友達の言葉に甘えて、家族みんなで友達の家にお泊りに行きました。急に冬が戻ってきたこの日、到着はすっかり夜になってしまいましたが、暖かいお部屋でウェルカムシャンパンとともに、友達が迎えてくれました。
 食事のあとのデザートは、この日のお楽しみのチョコレートの食べ比べ。ご主人がベルギーから買ってこられたさまざまな店のチョコレートをご馳走になりました。中でも、お友達のお勧めのピエール・マルコリーニのチョコレートとCORNEのトリュフチョコレート。ピエール・マルコリーニのチョコレートは、小さな箱につめられた小さなチョコレートひとつひとつに物語があるようで、眺めているだけで胸が躍ります。お味は甘さが控えめな大人の味で、濃厚なチョコレートがひとつでも大きな満足感がありました。CORNEのトリュフチョコレートは外側がかりっと内側がふわっとお菓子らしいチョコレート、どちらも違った魅力がありました。もちろん、子供たちも夜のチョコレートを一粒ずつ、小さな口にいっぱいにほおばりました。この日だけは夜更かしも許された子供たちは、モノポリーゲームやトランプに没頭。お正月の親戚の集まりのいとこ同士のように、わいわいと仲良く遊んでいました。 眠るときは寝袋でキャンプのように川の字になって。すっぽりと寝袋に包まれ、仲良く並んだ蓑虫たち、遅くまでひそひそ話の声が聞こえていました。子供が眠ってから、大人たちは赤ワインでのんびりと。子供に負けずにおしゃべりに花が咲きました。
 さて、誰かのおうちでお泊りするたびに楽しみなのは朝ごはん。キッチンからこぼれるいい香りにさそわれて、お寝坊くまたちがみんなダイニングに集まりました。トレイにお行儀よく並べられたバターやジャムたちに胸が踊ります。友達のおうちの女の子は、ハード系のパンにママ手作りのペストソースを塗って食べるのがお気に入りだとか。一方、友達はパンにココナッツバターを食べるのがお勧めということ、両方とも試してみました。ペストソースは想像通りのおいしさ、ココナッツバターは甘くないのに、ココナッツの甘い香りで、ふんわり甘く感じられて不思議なおいしさでした。我が家でも試してみようかな。
たくさんおしゃべりをして、たくさんご馳走になって、心も体もいっぱいに満たされました。
c0033994_2295726.jpg
海が見える気持ちのいい庭を見ながらの翌日の朝ごはん。

[PR]
by cinnamonspice | 2012-01-18 13:10 | まいにちのこと