ビスケットの缶

冬の夜のスープ

c0033994_234574.jpg
この日は、厚切りのハニーベークドハムと白いんげんの豆を入れたミネストローネ。

 夕焼け空の下、小人たちの学校の前の鈴掛けの木の葉が赤や黄のグラデーションに染まっていました。この間の強風にも耐えた木の葉たちが、風にちらちら揺れていました。子供の手のような木の葉が、まるでみんなで手を振っているようでした。
 毎日、北風に背中を押されて帰ってきます。風の子の子供たちは活き活きしているけれど、公園で待つママは体の芯まで凍りついて、家へ帰るとまずは温かいチャイを飲んで解凍作業から。そんな冷え込む夜に、今年はよくミネストローネを作っています。野菜がごろごろ入っているから、食べていると言ったほうが正しいかもしれません。食べる前のひと振りのパルミジャーノチーズがこっくりと味に深みを添えてくれます。残ったら翌朝もこのスープで朝ごはん。二日目のほうが味がまあるくなって、おいしいのです。トマトが嫌いな弟小人もトマトスープだけ飲むように。朝露を集めるように、小さな一歩を重ねて、いつか嫌いが好きになりますように。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-12-11 02:40 | たべもの