ビスケットの缶

雨の日のすごし方

c0033994_23192357.jpg
雨の週末、小人たちとLACMAに出かけました。
カラフルな椅子がかわいいエントランスのカフェ。
c0033994_23193223.jpg
はじめに向かったのはこちらの展示。
c0033994_23202171.jpg
mid-centuryの椅子たちの前でその説明を聞く親子。
赤いレインブーツがかわいい。
c0033994_23225744.jpg
当時のレコードジャケットもかっこいいな。
c0033994_2323560.jpg
紙物のデザインがすてきでした。
c0033994_23231399.jpg
シンプルだけどかっこいい、タイプのような文字を重ねたデザイン。
c0033994_23232227.jpg
残念ながら写真撮影が不可のため写真がありませんが、会場に再現されたEames夫妻のcase study houseは、
鳥の巣を思い浮かべるようなとても心地よさそうな空間でした。


 mid-centuryのデザインを見ていて感じたのは、色の楽しみでした。シンプルな形を組み合わせた中に色が入ることでとても新鮮でかっこよく感じました。何より、このデザインのいくつもが第二次大戦中に作られたということに大きなショックを受けました。
 雨音を聞きながらすごす美術館での時間。展示の合間の大きなガラス窓についた水滴が緑の中きらきらしてとてもきれいでした。空気もゆっくりのんびり流れるようで、青空とは違う楽しみがありました。

 + 今回、お友達に教えていただいて、初めてnexgenという制度を利用してみました。次の世代にアートをつなぐという目的のもと、17歳以下の子供は無料で、子供一人につきつきそう親も一人無料で常設展示や選ばれた特別展示が見ることができます。おかげで、急がす無理せず、子供たちの集中が切れたら帰ろうと、子供たちのリズムで見ることができました。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-11-25 23:35 | まいにちのこと