ビスケットの缶

おわりとはじまり

c0033994_1193930.jpg
繊細なレースで作られたハンドメイドのantique dress。

夏の終わりの朱色に染まる夕日、肌寒い夕風に羽織るカーディガン、ヒグラシの声、みんながいなくなった後に残された燃えさしの花火の色水、どこか寂しい景色、色、におい。ひと夏のいろんな人の思い出を、楽しいことも悲しいこともそっと包み込むような夏の終わりの夕日。甘酸っぱい空気に満ちた、この時間に惹かれるのはなぜかな。

小人たちの学校も今日から始まります。
小人は2年生、弟小人はkindergartenに。
新しいバックパックを背負ってはカメのように家の中を歩き回る弟小人。
新しい生活、どんな日々が待っているのかな。
あなたの日々をこっそりカメラを忍ばせて覗いて見たいな。 
[PR]
by cinnamonspice | 2011-09-07 01:31 | まいにちのこと | Comments(4)
Commented by miholife at 2011-09-07 14:56
*cinnamonさん、こんにちは^^*
繊細なレースのドレス素敵ですね。
どんな時に身にまとうのでしょう♪
今年も夏が過ぎてしまいましたね。
cinnamonさんが感じる夏の終わり・・・ず~っと昔わたしも感じたコトを思い出しました。
四季がはっきりした日本。
今は台風が来ては去ってまた来て・・・。
夏の名残りがある中、秋が少しづつ近づいています。
秋好きです^^。
色とりどりの紅葉もおいしい秋の味覚も^^。
わたしも小さい頃おばあちゃんに「食べてすぐ横になると牛になっちゃうよ」って言われました~^^。
小人くんのココロは真っすぐなんですよね^^。
Commented by cinnamonspice at 2011-09-09 02:15
+miholifeさん+

mihoさん、こんにちは。
手作りのレースのドレス、レースのサンプラーのようにいろんなレースが縫われていて、作り手の愛情を感じます。どんな時に着ていたのでしょうね。
 日本は台風の季節ですね。先の台風の被害のニュースにとても胸が痛みます。北海道もたくさん雨が降ったと聞いていますが、お住まいのあたりは大丈夫ですか。夏の終わりの台風も、少しずつ昔とは違ってきているのを感じます。
 さぁ、いよいよ秋ですね。北海道の夏、そして秋、北海道はどの季節も絵になりますね。猛烈な夏のあとの静かな秋。お祭りのあとのように少しさみしくてでもほっとするような、心地よい季節のはじまりですね。
Commented by ori-style at 2011-09-10 02:51
cinnamonさん

こんにちは。まずは小人くん、2nd Grade進級おめでとう!
そして、弟小人くんはキンダー入学と5歳のお誕生日おめでとうございます。
新しいまいにちのスタートは、子供達の新しい顔が見えたり、
大きな成長を感じられますよね。
ドキドキの緊張感もたまには必要、大切な事かな、と思います。
小人くん達の学校生活はいかがですか?
現地校と日本語補習校、それぞれの学校での頑張りは大きいですよね。
押しつぶされそうになる時もありますが、2つの学校で学んでいるコドモ達の姿に私も頑張らなければ...。

5歳になった弟小人くん。グーンと背が大きくなったと思います。
ニッコリ微笑む姿、ママの手をギュッとしっかり握っている姿に、
思わず胸がキューンとなりました。
いつかママを守ってくれる力強い手にかわるのでしょうね。
下の子は、まだまだ幼い存在なのですが、それは親だけであって、子供からすれば兄ちゃんよりも逞し強さを持っていたり、意外と自立が早いよな気がします。きょうだいでのバランス、いろいろと違っていて面白いですよね。

豪華なバースデーメニューに釘付けです。レストランみたいですね。
いやぁ、素敵!素敵!
Commented by cinnamonspice at 2011-09-13 04:58
+ori-styleさん+

oriさん、こんにちは。
涼しいと思ったら暑くなったり、秋から夏へ打ち寄せる波のように大波小波を繰り返しながら少しずつ季節の移ろいを感じますね。
 小人たちに温かなメッセージをありがとうございます。あたらしい生活、ちびっ子たちみんなみんながんばっていますね。キンダーの子供たちの朝の緊張した顔がとてもかわいらしくて、いつも胸がいっぱいになります。また、現地校とともに、補習校のほうも、二つの学校に一生懸命通う、お兄ちゃんたちもがんばっていますね。いつの日か、がんばっていてよかった、そう思える日を信じて、小さな背中を押し続けたいですね。
 弟小人も5歳の仲間入りに。キンダーのこの一年はすごく成長する一年ですね。学校でお勉強して、お友達と駆け回って、お兄さんになっていくのだと思うと、ママの手を離れていった小さな姿がとてもいとおしく感じます。