ビスケットの缶

栄養

c0033994_16162636.jpg
宝石のような真っ赤なスグリの房、芍薬…
シェフをするだんなさまのお友達のおうちへお花のバスケットを持ってお邪魔しました。
ロブスター、フォアグラ、ステーキ、食べきれないほどのフレンチのフルコースを
隠れ家レストラン気分で楽しませてもらいました。

日本へ着いたその日、立ち寄ったじいじの庭で緑色のミニトマトが鈴のようにたくさんなっていました。2週間後、ふたたび訪ねたときには梅雨があけてお日さまの光をたっぷり受けたトマトが真っ赤に色づいていました。じいじの家に滞在している今は、毎朝、目が覚ますと一番に小人がボウルいっぱいに摘んできたトマトをご馳走になっています。
 一日の中でも、朝、私たちが出かけるころ、うっすら緑色が残っていたトマトが、一日おひさまがぐるりとまわるうちに、ぷっくらと真っ赤に染まっていました。そのトマトを見ていたら小人たちと重なりました。この3週間、じいじばあばの愛情という栄養を体いっぱいに受けて、彼らもひとまわり大きくなったように感じます。
 夜、小人たちと川の字になって眠っていたら弟小人が「手をつなごう。」と、小さな手を差し出しました。毎日小さな台風を引き起こして歩く小さな手が、とく、とく、と脈打つのを感じて、いとおしく感じました。
さぁ、二年ぶりにもらったママの夏休みももうすぐ終わりです。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-07-14 16:21 | まいにちのこと