ビスケットの缶

c0033994_2115162.jpg
小人がバレンタインカードに描いていたハートマンのキャラクターをヒントに、小人とクッキーを焼きました。
型を抜いて顔を書くのは小人が一人でしました。不思議な間合いのいろいろな顔。

リビングの向かいの鳥の巣では、数日前から親鳥が卵をつつくようなしぐさが見せ、そろそろ、と思っていました。
3月の最後の日は、春を通り越して夏のような陽気の一日でした。朝、いつものように鳥の巣を見ると、親鳥の胸のところで灰色の小さな体がもぞもぞと動くのが見えました。生まれたての雛が、親鳥の気持ちよさそうな胸に甘える姿は、人も鳥も等しくこの世で一番幸せな絵に映りました。

+ + +

先週末、風邪の小人たちをつれて小児科へ行きました。
病院の待合室は思いのほか込み合っていて、そのなかに、3人のお姉ちゃんたちと小さな生まれたばかりの赤ちゃんを連れたご両親がいました。馴れた手つきで抱っこするお母さんの腕の中には、「赤ちゃん」という呼び名のとおり、まだ赤みを帯びた肌の小さな小さな顔がおくるみのなかから覗いていました。生まれて二週間くらいのその澄んだ瞳と目があったとき、思わず目の奥が熱くなりました。“precious”という言葉はこういうときに使うのかな。新しい命という奇跡、小さな体から放つ、まぶしい命の光が見えるようでした。
c0033994_2163732.jpg
食事にでかけた親鳥がいない間、巣の中で、体を寄せ合ってくうくう、眠る雛鳥。

[PR]
by cinnamonspice | 2011-04-03 02:37 | まいにちのこと | Comments(8)
Commented at 2011-04-03 08:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-03 09:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakanatowani at 2011-04-04 04:19 x
はじめまして。
ずいぶん前から読ませていただいていたのですが、はじめてコメント欄があいているのを見て、嬉しくなって書いています。
気持ちが疲れてしまった時、こちらに寄らせていただくと、ふっと心が静かに軽くなっていくようで、静かな静かな、でも大切な場所として読ませていただいています。
これからも、優しい記事、楽しみにしています。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-05 15:41
+鍵コメントat 2011-04-03 08:48さま+
こんばんは。
先日はばったりでしたね。小人たちも、息子くんたちに会えてうきうき喜んでいました。(ひそかに毎週楽しみにしているような…)
 鳩の巣。小人たちもとてもいい経験をさせてもらいました。毎朝、外を覗くのを楽しみにしていました。ところが…昨日一日外出していて今朝巣を覗いてみたら、もぬけの殻に。小人は「お引越ししたんだよ。」とか、「旅行に行ったんじゃない?」と話していますが、大人のほうはちょっと心配です。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-05 16:51
+鍵コメントat 2011-04-03 09:48さま+
鍵さん、こんにちは。
お話させていただくのはお久しぶりですね。息子さんも、みなさまお元気ですか。
 家の前の鳥の巣のかわいい雛たちに癒されていたのですが、今朝覗くと、巣が空っぽになっていました。一体、何が起きたのか検討もつかないでいます。あたたかくも厳しくもある自然の世界、雛たちの無事を祈るばかりです。
 小人の肺炎のことをお気遣いいただきありがとうございます。おかげさまでみんな元気になりました。小人のアレルギーは、病院に行っていないので、詳しいことがわからないのですが、彼自身が卵そのものを食べたがらないのと、動物の毛(もしくはダニ)にもアレルギーがあるようです。それでも、一時のことを思うと、いろんなものが食べられるようになったことをありがたく思います。これ以上は、仲良くやっていくしかないのかなと諦めているのですが…。鍵さんの息子さんはいかがですか。みんな成長とともによくなっていくといいですね。震災があって、改めてどんなときも家族が健康でいてくれることに勝る幸せはないと思いました。
桜の花が美しい季節が少しでも傷ついた日本人の心を癒してくれますように。
Commented by lulu_ruru at 2011-04-06 11:48
お久しぶりです。最近コメント欄が開いているので嬉しく思いつつ、うまく自分の気持ちを言葉にできず、今になりました。
小人くんの作ったクッキー、顔がいろいろあって楽しいですね。食べる時の会話もはずみそう。
ひな鳥が生まれて、育って行く姿を見届けられるのは貴重な体験ですね。ブログを通してみながらドキドキしていました。
cinnamonspiceさんのブログを読んでナウシカのマンガを読んでみたくなりました。映画は何度も観てるけど原作は読んだ事が無かったので。
今回の地震、津波、原発と続けざまの惨事に色んな事を考えさせられました。
今、この時にまだこれからの子どもを抱えた母である事を大事に受け止めて、これからを過ごしていかなくちゃ、と思いつつ、まだまだ未熟です。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-06 16:18
+sakanatowaniさま+

こんにちは。
コメントを残してくださってありがとうございます。
お話させていただけてうれしいです。
 あたたかな言葉をいただいて、とても励みになりました。震災から、一ヶ月。あれからいろんなことを考えるなかで、おそらく多くの日本人がそうだと思いますが、私の中でも価値観が大きな音を立てて変わったような気がします。毎日というあたりまえの暮らしや命のありがたさ、生きるうえで自分にとって大切なもの。今日という日を丁寧にみつめていきたいと思います。これからもお付き合いいただけたらうれしいです。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-09 00:59
+lulu_ruruさん+

こんにちは。
コメントをくださってありがとうございます。
家の前に作られた巣、週末一日家をあけて帰ったら、親鳥も雛もみんないなくなっていました。小人たちは、「旅行に行ったんだよ」と話しているのですが、巣立ちには早いと思うのでとても心配です。生まれる命、失われる命、自然の世界のもと、どういう運命であっても、受け止めるしかないですね。
 もうすぐ震災から一ヶ月ですね。いろいろ思いがめぐる一ヶ月でした。子供たちとクッキーを焼いたり、歌をうたったり、怒ったり泣いたりできることも本当に幸せなことだと思います。あたりまえの毎日を丁寧に暮らすこと。子供を育てることも大きな社会貢献なのだと思います。日本だけでなく、海外に暮らす私たちも使っている資源は同じなのですから、節電や節水、できることをみんなでしていくことが大切なのですよね。被災地の方たちと心をともにみんなで光に向かって歩いて行きたいですね。