ビスケットの缶

新しい命

“遠いところにいる私たちは、悲しみという冷たいエネルギーではなく、希望のあたたかいエネルギーを送りましょう。”
という友人の言葉がこだましています。
その友人が電話で話したあと、彼女の身の回りの美しいものの写真や動画を、送ってくれました。おかげで、私の心の中にもおひさまのようにあたたかいエネルギーが少しずつ満ちてきています。いつか日本から手が差し伸べられたときに、その手をぎゅっと握ってあげられるように、今はプラスのエネルギーをためておこうと思います。被災地の復興を祈りながら、友人がわけてくれたように、私も今与えられたあたりまえの日常を大切にすごすことで、光を送り続けたいと思います。
c0033994_0354597.jpg

今日、洗濯物を干そうとベランダに出ると、誰かの視線を感じました。
小さな鳩のような鳥でした。いつの間にかベランダの目の前の大きな木に巣を作って、その上でまあるくなるなっているのでした。そういえば、地震がおきてから、窓の外をみていなかったことに気がつきました。その間にもしかしたら卵を産んでいたのかも…と、学校から帰った小人にそっと、見つけたばかりの「ナイショ」を教えました。窓に並んだ3つの顔の気配を感じてびっくりしたのか、一瞬、鳥がいなくなってしまい思いがけず巣の中が見えました。気持ちよさそうな巣に、真っ白なゴルフボールぐらいのまあるい卵がふたつ、仲良く並んでいました。私たちが部屋へ入るとやがて親鳥が帰ってきました。今のこのときも冷たい北風のなかも、じいっと体を膨らませて、卵を温めています。

ベランダに置いた小人と弟小人のヒヤシンスの球根の鉢。ずっと芽が出なくて、諦めかけていた弟小人の球根からも、この一週間の間にいつの間にかほんのり緑色のものが顔を覗かせていました。

新しい命の気配。地震が起きたその日から時が止まったように感じていたけれど、自然の中では新しい命が生まれている。自然からエネルギーをもらうような気がしました。
c0033994_036330.jpg

+ 震災から一週間。この震災で犠牲となり、亡くなられた方に、心からご冥福をお祈りします。

[PR]
by cinnamonspice | 2011-03-19 00:42 | まいにちのこと | Comments(6)
Commented by annebm at 2011-03-19 05:59
ご家族、ご親戚、お友達など、みなさんは大丈夫ですか?

海外にいてこれだけ胸が痛み、悲しみでいっぱいな日々を送っているのだから、日本にいる方々、まして被災している方々や亡くなられた方々のことを思うと、やるせないですよね。。
でも、本当に、元気に健康で生きている私たちが今強く光の方へ顔を上げ、きちんとこれからの日本のために日々を送っていくこと、だけですよね、きっと。
お互い頑張りましょう!
今日もいい1日をお過ごしくださいね^^
Commented at 2011-03-19 21:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-19 21:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2011-03-21 03:10
+annebmさん+
こんにちは。
温かいお気持ちありがとうございます。
地震の翌日、私の実家もだんなさまの実家も兄弟もみんな無事との連絡が取れました。あつこさんのご親族、ご友人の方はご無事ですか。
 日本では今もなお余震があり、関東地方のスーパーマーケットの棚からは食品、生活用品がなくなり、原発の放射線の不安も抱えているのですよね。小さな子供を抱えたお母さんはどんなに不安なことでしょう。被災された方たちはそれに加えて、温かい食べ物も情報もなく、なかには家族と離れ離れに…本当に遠くはなれた私たちがテレビから想像するのにはあまりあるものがあるのだと思います。
それでも、被災者の方たちは今を一生懸命生きていらっしゃる。私たちが今できること。応援というあたたかい光を被災地に向けて送り続けたいですね。祈りとともに。
小さなことだけど、今回の震災に対する小人の学校での募金や、日本赤十字への募金、チャリティセールへの物品の寄付等、できることをしていきたいと思います。
あつこさんもどうか光あふれる一日になりますように。
Commented by cinnamonspice at 2011-03-21 03:40
+鍵コメントat 2011-03-19 21:43さま+
コメントをくださってありがとうございます。鍵さんのご親戚、ご友人の方もご無事ですか。11日の日、家の中の物が割れるのを目前に地震のなか、お迎えに外に出られた鍵さんの親としての思いに、目の奥が熱くなりました。どんなにその揺れが長く感じられたことでしょう。
 震災以来、長い長い悪夢の中にいるような気持ちですね。そのなかで、東京消防庁の隊員の方の会見や震災発生後10日目にして救出された方のニュースに、感動の涙と希望をもらいました。希望は大きな力をくれますね。今現在も、原発の施設で事故の終息に向けて作業されている方たちや、凍えるほどの寒さの中救出にあたっている自衛隊の方たちに光がさしこむように、みんなで祈りたいと思います。
 鍵さんの香港のご友人の方の言葉。胸にずんとうれしく響きますね。日本中が、そして世界の日本人が被災者の方の痛みを分かち合いたくさん泣いて、そして今復興に向けてひとつになっている。日本ってすばらしいなぁと思います。このひとつになる力はなかなかほかの国にはできないことなのだと、アメリカにいて初めて知りました。遠くからですが、祈りとあたたかい光を送り続けたいと思います。
Commented by cinnamonspice at 2011-03-21 07:40
+鍵コメントat 2011-03-19 21:51さま+
こんにちは。
叔母さまの無事の知らせ、本当に本当によかったですね。鍵さんの思いが叔母さまに通じたのかもしれませんね。まだ行方不明の方がたくさんいらっしゃいますが、一人でも多くの方が家族の方と再会されますように。みんなの思いがきっと届くと信じています。
 テレビで見る、被災者の方は大きな悲しみをこらえながら、今を懸命に生きていらっしゃいますね。その姿を見ていると、与えられた今を大切に愛しんで暮らそうという気持ちになります。震災があってから、こちらでも、日本への募金の文字をみかけます。こちらに暮らす日本人も多くのアメリカ人もみんな日本のことそして被災地のみなさんのことを思っています。募金、祈り、みんなの温かい気持ちを被災地に送り続けたいですね。
 震度4という数字、とても怖いですよね。ただでさえ長く感じる地震が、今回は特に長かったとも聞きますので、どんなに怖い思いをなさったことだろうと思います。地震を思い出されて眠れない方もいるのではと思います。鍵さんも、どうかお体に気をつけて。
一日も早く、心穏やかな日々が戻りますように。