ビスケットの缶

夏の夕暮れ

c0033994_046334.jpg
目に涼しい白いミルクガラスの器。

夕暮れが近づくと、お隣のおうちから、小さな女の子が弾くバイオリンの音色が聞こえてきます。最近、習い始めたばかりか、まだ曲にはなっていないけれど、どこか寂しい澄んだ音色が夕焼けの空に響きます。
小人たちは、二人で遊んでいるうちベッドで眠っていました。こんな時間に困ったなぁ、と思いつつ、夕方になると吹く冷たい風にふとんをかけると、小さいころのお昼寝の記憶がよみがえりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-08-13 00:51 | すきなもの