ビスケットの缶

たからもの

c0033994_14253414.jpg
女の子が好きなもの。
息をのむような美しいものや、胸をきゅっとつかまれるようなかわいいもの、それと…甘いもの。
お友達のお誕生日に焼いたガトーショコラ、食べられなかった男性からのリクエストで週末のおやつに焼きました。

いつものように、背中をしばらく掻くとことんと眠りに落ちた小人。手には学校で先生につけてもらったステッカーが大事に握られていました。それは、手を洗うときやお風呂に入るときには手の甲からはがして取っておいたほどの特別扱い。でも、一日つけていたステッカーはママの目にはくたびれたステッカーにしか映らないのだけれど…。
 一方、ランドリーのバスケットから取り出した、弟小人のズボンのポケットからはなにやらかしゃかしゃといういい音。おやおやと思いポケットに手を入れて中から出てきたのは、少し前にお友達の家の庭でからもらってきた小石たち。彼が何度も洗っては大事にしているものでした。その小石を見たとき、弟小人も立派な男の子の仲間入りをしたことを感じました。
 くたびれたステッカー、なんでもない小石、それぞれが手にしたたからもの。男の子のたからものって…と思わずため息がこぼれたけれど、もしかしたら男の子が女の子よりロマンチックなのはこんなに小さいころからなのかもしれない、と感じた夜でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-05-26 14:34 | 今日のおやつ