ビスケットの缶

柏餅

c0033994_921856.jpg
柏餅を買いました。
恐る恐る柏の葉を取る小人たち。
一口、口に含んで笑顔がこぼれました。
柏餅を乗せたのは、お友達が結んでくれた縁で手にした宮岡麻衣子さんの器。
骨董に見るような、グレーがかった落ち着いた白が美しい器です。

 日に日にやんちゃになっていく小人たち。子供を叱ることの難しさを感じます。言葉が話せない赤ちゃんのころはそのころの伝える難しさがあるけれど、言葉がわかるようになった今はまた違った壁にぶつかるように感じます。
こちらは本気で怒っているのを感じて、しょんぼりと肩尾を落として心から謝った5秒後には、再び自分の世界に戻ってレゴブロックを手に鼻歌がこぼれたり、昨日は顔をあわせて叱っているそばからぷっと吹き出されたり…北風のようにびゅうびゅう吹くばかりではいけないのですね。小人も弟小人も叱られたあとは必ずお互いのところへかけ寄って慰め合う二人。鬼(私)の前に泣いている相棒の頭を撫でて抱き合っているのを見ると、鬼も肩の力が抜けそうになります。獣に追いかけられて逃げ込む木陰のように、逃げる場所となる兄弟ってかけがえのないものだな、そんなことを思いつつ、気を引き締めなおして、また鬼に戻る母です。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-05-04 09:38 | おかいもの