ビスケットの缶

Christmas Eve

c0033994_4302664.jpg
お日さまが沈む頃、テーブルクロスをひいて、家のキャンドルを点して、イブの夜が始まりました。

だんなさまと小人が風邪気味だったので、お友達のおうちでのパーティのお誘いをお断りして、今年も家族4人、家でクリスマスを祝いました。
 一日中はしゃいでいた小人たちは、サンタクロースにクッキーとミルクを用意してベッドへ入ると、ねじが切れたように夢の世界へ旅立ちました。そして、もう一人ののっぽの男の子も。私はクリスマスイブのもうひとつ大切な仕事を。手を動かしていると、ふとマッチ売りの少女のお話を思い出しました。
 マッチをしゅっ、と擦るたび火の中にぼうっと浮かぶ幸せな景色。温かい暖炉の火、キャンドルを点したテーブルに並んだクリスマスのごちそう、美しく包まれた贈り物の包み…冷たい雪の上に浮かぶあたたかな景色が、かじかむ手の痛みとともに小さい胸にも焼きついたっけ。
 出来上がった3つのプレゼントをクリスマスツリーの足元に置き目を閉じると、明日の朝のそれぞれの笑顔が浮かびました。小人たちのはしゃぐ声も消え、残されたろうそくの灯りとアイイリッシュハープの音色が響く部屋で、一人クリスマスケーキを一切れ食べました。見上げると、時計の針が12時ちょうどを指していました。



c0033994_4491155.gif
クリスマスイブのディナーのメインはだんなさまが作ったローストビーフをいただきました。
前菜はじゃがいもの白いスープと、Gouda cheeseとバゲット、スモークサーモンとオニオンのマリネサラダ、デザートにはPatisserie Chantillyの栗のクリスマスケーキをいただきました。

[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-26 07:07 | まいにちのこと