ビスケットの缶

たからもの

c0033994_2491380.jpg

小人たちへの贈り物と一緒に、母から私の小さい頃の日記が届きました。
全部は送れないからはじめのころの数冊だけ。と母から届いた日記。
4歳のはじめての日記の表紙には母の字で「ももぐみ○○○○(私の名前)」が記されていました。
どきどきしながらページをめくると、今の小人たちのように、きらきらした瞳で毎日をみつめる私がいました。お日さまの匂いや、夏の海の色、土の匂い、手で触れた感触…ページからこぼれるひとつひとつのかけらのまぶしさに目の奥が熱くなってページを閉じました。
私という木の根。大切なものがすべてこの中にあるように感じました。
クリスマスの夜はゆっくりこの日記を読んですごそうかな。
世界に二つとないクリスマスプレゼントをもらいました。

みなさまも、どうかすてきなクリスマスをおすごしください。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-24 02:25 | まいにちのこと