ビスケットの缶

小さなもの

c0033994_0195816.jpg
今年増えたオーナメントその1、
いい音がする、子牛がつけているような小さな小さなcowbell

こつ、こつ、こつ、一歩踏み出すたびにミルクティ色のブーツがたてる心地よい音。
“星の木”と、私が一人呼んでいた黄色の星のような形の木の葉をつけたプラタナスの木は、いつの間にかすべての木の葉を落として、今度は小さなトゲトゲの木の実のオーナメントをたくさんつけてクリスマスツリーのようになっていました。
そんな日々の小さな出来事というドキドキは、お気に入りの髪飾りをなくしたときの悲しみ同様、我が家ののっぽの男性には、わかってもらえないものなのかもしれないな。

10代に読んだ太宰の「女生徒」。改めて30代になった今読んだら、不思議と当時よりもっと深く共感しました。通り過ぎて初めて気づくものもあるのかもしれません。
c0033994_0194146.jpg
もうひとつはキノコのオーナメント。

[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-21 00:37 | すきなもの