ビスケットの缶

8th Anniversary

c0033994_1744876.jpg
5歳の誕生日のときの小人の文字をフレームに入れて。
鏡文字もいい思い出になる日がくるのかな。

週末は結婚記念日のお祝いのディナーに、「ikko」というお店に出かけました。
星がまたたくなか家を後にしての外出に、小さな冒険に出かけるみたいに小人たちと同じようにドキドキしました。控えめな照明と個室のように仕切られたお部屋は、思わずひそひそと声が小さくなるほどロマンチックでした。でも、その魔法はつかの間、隣ではしゃぐ小人たち(小人たちにもこの照明の魔法は効いたようでした。)にかぼちゃの馬車の魔法が解けるように、現実の世界に引き戻されました。
 一品ずつ出される繊細で想像力豊かなお料理とお料理の合間、少し飽きてきた弟小人に絵を描き始めた紙のナプキンは、帰るころにはたくさんの車や船、アンパンマンやカレーパンマンなどで埋め尽くされました。8年前の結婚したときとは、暮らす国も家族も異なる想像もつかない世界。8年が経った今、これが今の私たち家族の形なんだと、ナプキンいっぱいに広がった絵がいとおしく感じました。
お店の外に出ると、
「あ、星!」
と、瞳をきらきらさせて小人が空を指差しました。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-11-17 17:18 | まいにちのこと