ビスケットの缶

ランドリーとワールド

c0033994_0413085.jpg
どこかに紛れ込んでしまった靴下の片割れを見つけ出すみたいに、
ぼくはまた君を探し出すことが果たしてできるんだろうか…「ランドリーとワールド」より

(以前記事で紹介した、)ウラニーノが7/1発売のミニアルバム「ランドリーとワールド」でメジャーデビューをしました。

 一冊の小説を読み終えた気持ちになるような、一曲一曲心をぎゅっとつかまれるボーカル山岸さんの歌詞。これまでのどのアルバムも好きだけど、以前紹介した1stアルバムの「幸せ橋のむこう側」をはじめ、彼女に殺される夢を見て、始発電車を待てずに自転車で彼女に会いに行く「朝を届けに」を含む2ndアルバム「やぶ医者とわたし」、もぐらが主人公の歌「花ともぐら」や義父に背中に龍の刺青を入れられてしまった少年を描いた「龍」などを含む3rdアルバム「情熱の温度」、月の明るい夜、彼女の写真をしおり代わりに本に挟んでデートをする「月夜のデート」や「大学生の悲鳴」を含む4thアルバム「友達の彼女」。これから、という方がいたらぜひ過去のアルバムのほうから聞くのがお薦めです。これまでのアルバムが小説なら、今回のは繊細な言葉を紡いだ詩集のような一枚です。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-07-03 00:42 | すきなもの