ビスケットの缶

c0033994_1611412.jpg
風が強い日。ママはお裁縫を。
手のひらにのるほどの小さな鉄製のアイロンは裁縫のお供に。
風が強い一日でした。
「少しだけ」と、言う小人と中庭でシャボン玉をしました。
下から上に渦巻くように吹き上げる強い風に、大きく枝を揺らすジャカランタの木。水底から勢いよくのぼる泡のように、風に吹き上げられてどこまでも高く上っていくシャボン玉のいつもとは違う様子におおはしゃぎの小人。一方、足元を駆け抜けていく木枯らしや木を見上げては立ち尽くして「怖い、怖い」とつぶやく弟小人。弟小人と同じ高さの視線で強風に苦しそうに身をねじるようにゆれる木々を見ていたら、いつも風が強い日、助けを求めてくる弟小人の心の中の景色を覗いたような気がしました。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-04-15 16:17 | まいにちのこと