ビスケットの缶

c0033994_16143556.jpg
松でできた小さな木のボウルは小人たちのおやつ入れに。
ざくざくと彫られた感じが温かい。

幸田文さんの「木」という本を読んでいました。何十年何百年という大きな時間の流れの中で生きる、木に携わる人の温かく優しい言葉は、どれもずしりと胸に響きます。歯切れのいい文とともに、一緒に山の中を散策しているような気分になります。幸田文さんの木の幹の模様を着物にたとえたお話を読んでいたら、公園に出かけていろんな木を見てみたくなりました。
 窓の外では、澄みわたる青空を冷たい風が吹いていました。リビングから見える松とジャカランダの木。どっしりと構え、少しの風にもぴたりと動かない松と対照的に、しなやかに枝葉をゆらすジャカランダ。今日のような風がある日、寄せては返す波のように風に緑の葉を揺らすジャカランダを見ていると不思議と心が落ち着きます。私はジャカランダのような人に惹かれるのかも。次第に風が強くなって、ジャカランダの木の葉がさぁー、さぁーと音を立てていました。その心地よい音にうっとり聞き入っていると、同じように窓の外の木々をぼんやり見つめる小人がいました。



c0033994_16275080.jpg
時々ママのおやつが入ることも。
それを、狙う弟小人。

[PR]
by cinnamonspice | 2009-01-28 16:24 | すきなもの | Comments(2)
Commented at 2009-01-29 15:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2009-01-30 16:39
鍵コメントさま☆
こんにちは(^^)
手で彫られたぬくもり、手で包み込むと木の感触があたたかくて心もまあるくなるような気がします。木のお話を読んだら、そんな木の器の元の姿を想像して、大切にしたいな、という気持ちになりました。
大きな木が揺れる様子は包まれているような不思議と安堵感がありますね。木の葉のさわさわ、というお話声。どんなお話をしてくれているのでしょう。楽しそうですね。リビングからのこの景色が好きだから、我が家はもうしばらくお引越しはしないで暮らしたいな、と思います。