ビスケットの缶

c0033994_23582360.jpg
マーケットで見つけたロシアの木のハンドベル。
サンタさんのお顔がユニーク。
サンタさんからの贈り物も全て決まりました。
12月。
朝、晩と深い霧が出る季節になりました。数メートル先はもう見えないくらいの深い深い霧は幻想的で不思議な世界に迷い込んでしまったような気持ちになります。先日、夜の霧に出会いました。道や建物、全てを真っ白な霧がすっぽりと隠してしまった真っ暗な闇に、ぼうっと浮かび上がった家々のクリスマスの電飾や赤や青や白の街の看板のネオン、クリスマスツリーのもみの木を売るお店のデコレーション。雲の中にいるような真っ白な世界で、私たちの車もふわふわ浮かんで走っているような浮遊感になりました。ふと気がつくと、不思議な世界は魔法のように音もなく消えていきました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-04 00:16 | まいにちのこと | Comments(2)
Commented by miholife at 2008-12-04 21:14
*cinnamonさん、こんばんは^^*
ロシアの木のハンドベルかわいい♪
なぜか惹かれてしまうお顔ですね。
そちらではこの季節には朝と晩に深い霧に覆われるのですね。
幻想的で不思議な世界・・・迷い込んでみたいような・・・ちょっとコワイような・・・。
朝の霧は幻想的なのでしょうね~。
夜の霧はロマンティックなイメージが・・・うふ。
↓夜、ベッドに入ってから聞く雨の音好きです*
Commented by cinnamonspice at 2008-12-05 23:59
miholifeさん☆
こんにちは☆
小人たちが振ると木のハンドベルはカラ、カラ、と優しい音色を奏でてくれます。ロシアの小物はどこか愛嬌があって可愛いいですね。
mihoさんのおうちの周りはもっともっと冷え込んでいるころでしょうか。こちらもやっと冬の気配を感じるようになりました。深い霧の世界。朝と夜とではぐんと印象が違うものですね。夜の霧は本当にロマンチックで幻想的でした。