「ほっ」と。キャンペーン

ビスケットの缶

c0033994_10331348.jpg
お花を活けるのは下手だけど、一輪挿しの静かなたたずまいが好きで花を飾らずそれだけで飾っています。少しずつ春。

お兄ちゃんは小学校3年生(日本では2年生)のとき、忘れ物がひどくて親子でとても苦しんだときがありました。
お友達が当たり前にやっていることができないということがいくつも重なって、自分のせいではないか、どこかに原因があるのではないか、とても悩みました。
毎日学校に行く前に、「宿題を今日はみんなと一緒にちゃんと出してこようね」と送り出しても一つの宿題を出してこれないことが一週間近く続いたり、帰りは学校からその日の宿題のプリントやテキストブックを持って帰るのを忘れる、連絡帳に宿題を書き忘れるような毎日でした。
お兄ちゃんはハワイで生まれたので、ハワイで波や鳥の声を聴いてすごした胎教のせいかいつでもハッピーな自由な子で、彼自身はいつも夢の世界を歩いていて(daydreamer)、私が叱っても10秒後には鼻歌を歌っている、そんな子でした。
私はそんな彼と学校という現実社会との間で何年ももがきました。
こちらが本気で叱れば、ヒステリーのようになって泣いて駄々をこね、最後は泣き疲れて眠ってしまう。でも彼の心には響かない、その繰り返し。
本を読むのが嫌い、字を書くのも嫌い、文章を書けば本人にしかわからない不思議ワールドで、提出したレポートの下書きも先生からはクエスチョンマークが並んで返ってくることもしばしば。
そんなお兄ちゃんが、熱病から治ったように5年生くらいから改善して、ミドルスクールに入ってからは本を読むようになり、宿題もいつの間にか学校で終わらせてくるようになり、提出物も自分で管理してきちんとできるようになりました。
英語のクラスでは自分の興味のあるものをためた胸の中のポケットからテーマを選んでレポートを書けるようになりました。
今は、あの時代は何だったのだろう、と吹き荒れた嵐の時代をだんなさまと時々振り返っては話すことがあります。
小さいころから好奇心だけは旺盛だったのが、今では彼にとってとても大きなエンジンになっていると感じます。

弟くんは今まだその嵐の中にいます。
子育てをしていていつも思い出す「北風と太陽」の話のように、周りの大人という北風が強く吹き荒れるほど子供の心は閉じてしまいます。
この間「Trolls」の映画を見ていて、ふと思いました。
そうか、弟くんはまだトロールなんだ、と。そう思ったら愛おしく思いました。
歌と虹とカップケーキの世界に住むトロール。
同じ方法を試すのではなく、今は別の角度からと、歌が好きな弟くんはピアノのクラスを取ることにしました。
生きていく上で音楽があったらきっと楽しいはず。
弟くんもいつかこの時代を笑うときが来るのかな。
楽しく生きることを学んでくれることが、私たち親の一番の目標です。
c0033994_10452919.jpg
お兄ちゃんがミドルスクールのdigital photographyのクラスで作った「Tokyo」という名前の作品。
彼の好きがたくさん詰まっている、それを眺めているだけで幸せな気持ちになります。
うどん!





[PR]
# by cinnamonspice | 2017-02-23 10:47 | Comments(2)

movie, movie, movie

c0033994_06125838.jpg

お友達家族と映画「Trolls」を見てきました。
歌が大好きでハグタイムにはハグをしてcupcakeと虹の世界に住んでるハッピーなトロールたち。一方、ハッピーを知らなくていつもギスギスしていて年に一回トロールを捕まえて食べることでハッピーになれるバンカーたち。
バンカーたちから逃れて楽しく暮らしていたトロールたちはある日バンカーに見つかって仲間が捕まってしまいます。捕まった仲間たちを助けにポピーとブランチは冒険に出かけます。
ハッピーを知らないバンカーたちに
「幸せは自分の中にあるの」
と言ったトロールのポピーのセリフがズシンと胸に響きました。
映画の後は、歌と声優を手がけたジャスティン ティンバーレイクたちのインタビューもありました。
とにかくハッピーなトロールたちを演出する音楽はクラッシックのポップやダンスミュージックを選んだとのこと。
我が家も家に帰って早速サウンドトラックを購入しました。
c0033994_06125860.jpg

翌日は、子供達抜きで映画「La La Land」を見てきました。
馴染み深いLAの景色をノスタルジックな雰囲気で撮る中、主人公ミアの服の色彩が効果的に使われています。インタビューでジーンケリーなどの古いミュージカル映画などからインスピレーションをもらったと語っていた通り、オープニングのミュージカルシーンは圧巻で、色使いもその時代を意識してるのを感じました。ジャズピアニストのセバスチャンなどのジャズの力強い音楽(ディレクターが映画「Whiplash」を手がけた人)も魅力的でした。
映画に後はディレクターやコスチュームデザイン、撮影の人たちのインタビューで映画の制作話が聞けて楽しい夜でした。


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-02-20 05:04 | Comments(0)

早口言葉

c0033994_05513495.jpg
バレンタインには今年もガトーショコラを焼きました。


弟くんが、日本語の早口言葉を練習していました。
「生麦、生米、生卵
交響曲、歌曲、協奏曲
消防車、清掃車、散水車」
なかなかうまく言えなくて、何度も言い直していました。
私は弟くんのspelling testの単語を読んでいると、
parallelogram, quadrilateral, perpendicular, equilateral, algorithm, parentheses
弟くんに何度も直されました。算数の言葉はなんだか早口言葉のよう。
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-02-16 06:01 | まいにちのこと | Comments(0)

生命力

c0033994_02195169.jpg

雨の日が続いています。
この数年、歴史的な干ばつ(過去をさかのぼると周期があるのだそう)が問題になっていたCAも今年はたっぷり潤ったでしょうか。

夜の読み聞かせは相変わらずギリシャ神話を読んでいます。
お兄ちゃんは学校の英語の授業でギリシャ神話を読んでいるのだそうです。
ギリシャ神話を読んでいて見えてきたギリシャ神話あるある。
神様は頭から生まれてくる。
竜の歯をまくと人間が出てくる。
神様を敬わないと酷い目に合う。(家族全員殺されるのはよくあること。しかもなかなかグロテスクな最後を遂げる。)
美しい娘は女神にねたまれ牛に変えられがち。
人間への戒め、教訓もありますが、不条理があるのも神様の世界ならではです。
むごい仕打ちにははじめは怖がっていた子供たちでしたが、ギリシャ神話あるあるで盛り上がるようになりました。
c0033994_02180445.jpg

蚤の市で買った多肉を少し植え替えてみました。
緑が欲しくなったのも春が近いからかもしれません。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-02-12 07:29 | まいにちのこと | Comments(0)

雨宿りとソーイング

c0033994_10101015.jpg

心がざわざわするときは、手を動かしていると落ち着きます。
雨宿りに似ているのかもしれません。
ざぁーっと振り出した雨の中に入っていくのではなく、手を動かして雨宿りしているうちに雨はやむのだと思いました。
クロスのコースターと、少し前に焦がしてしまったポットマットの代わりのものと、またダメにした時の控え選手まで一気にダダダッと作りました。
気に入って一番使っているコーヒーカップは白のイイホシさんのものと黒のアラビアのビンテージのKilta。
作られた国も時代もまったく違うものだけど、不思議と雰囲気や形が似ています。
この数年男らしいインテリアが好みでしたが、最近ピンクの乙女なものに惹かれるようになっているのは春が近いせいでしょうか。あぁ、私、女だったんだなぁ、と思います。(笑)
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-02-06 10:26 | ひとつだけのもの | Comments(4)