ビスケットの缶

Thanksgiving

c0033994_15595747.jpg

Happy Thanksgiving!
楽しい日も、苦しい日もあるけれど、今に感謝して。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-24 16:04 | まいにちのこと | Comments(0)

c0033994_02002640.jpg

軒先に飾られたイルミネーションや、美しい包みのギフトを両手いっぱいにもった人々や、どこからか聞こえてくるクリスマスソング、ホリデーシーズンのこの季節は夢の中を歩いているような気持ちがして、自然とふわふわと足取りも軽くなります。

週末の蚤の市では、たくさんのクリスマスグッズが並んでいて、私は古いクリスマスのガラスのオーナメントを買いました。
毎年、意識して探してはいないけれど、山積みに置かれたオーナメントの箱の中から一つか二つ、気に入ったものを見つけると買い求めています。
c0033994_02382634.jpg

カラフルなものもかわいいけれど、私が手に取るのはシンプルなガラスらしい手吹きガラスのもので、ぷうと膨らませたシャボン玉のように軽く、その薄いガラスの中に、当時の空気が作り手の手にした人の夢が詰まっているようでうっとり見入ってしまいます。はかない夢が目に見えるとしたらこんな形なのかもしれない、そう思うとそっと壊れないように手に取ってひとつひとつ覗いていると時間を忘れます。このシャボン玉のようなオーナメントひとつひとつがクリスマスツリーを照らしているところを想像するとまぶしい気持ちになります。
お店のおじさんやおばあさんと「きれいですね。」「きれいでしょう。」と話している時は、そんな夢を共有したような気持ちがして幸せな気持ちになります。そして、その夢ひとつひとつに代金を払って手にして帰るときはほくほくとくすぐったいような気持ちがします。
クリスマスグッズを見る人々の顔はぱっと明るく、大人も子供にかえったようないい顔をしています。
蚤の市のそこここにそんな笑顔があふれるホリデーシーズンは本当に魔法のような季節で、みんなで同じ夢を見ているのかもしれません。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-19 02:44 | すきなもの | Comments(0)

ホリデーシーズンと映画

c0033994_13122992.jpg

ご無沙汰をしています。
みなさまお変わりありませんでしょうか。
私たちは元気にしています。
気が付けば、もう11月。サンクスギビングも近づき、ホリデーシーズンの始まりに、子供も大人も胸が高鳴る季節になりました。

週末、子供たちと久しぶりに映画をいくつか見ました。
お兄ちゃんと弟と一緒に英語版のハリーポッターを読んでいるのですが、一番の遅い読者の私が一巻を読み終えたので、約束通り一作目の映画と、「ルドルフとイッパイアッテナ」、「ドラえもん Stand By Me」、「この世界の片隅に」の4本。なかでも、「この世界の片隅に」の作品は悲しいテーマをたんたんと朗らかに描いていて、泣いたり笑ったり、すてきな作品でした。すずさん役ののんさんの声もとても主人公のキャラクターにあっていて、苦しいテーマもとてもやわらかく包み込んでいました。
戦争があって、原爆投下があったこの映画の中の時代が今から80年ほど前だったなんて、信じられないほど、世界は変わってものが豊かになっているけれど、私たちは賢く豊かに暮らせているだろうか。大切なものとは。いろんなことを考えさせられました。
初めて知る戦時中の暮らしに、お兄ちゃんも弟くんも、それぞれの視点で感じるものがあったようでした。
c0033994_13114592.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-08 13:34 | 今日のおやつ | Comments(2)

洗い流す

c0033994_10464331.jpg
お兄ちゃんがハイスクールのBiologyのクラスの宿題でHP作っていました。自分たちでデザインして自由に作っていいのだそう。「DESERTERRAIN」のTの上の三角マークはコヨーテの耳をイメージしてるんだそう。お兄ちゃんたちは砂漠がテーマなので砂漠の動植物や気候、アクティビティなどを紹介しています。何だか楽しそうな宿題。宿題も私たちの学生時代とは全然違うなぁとしみじみします。
c0033994_10455046.jpg
週末は気分転換に車で10分のビーチへ。
犬が駆け、子供たちも駆け、滞在時間は30分程度でしたが、砂の感触や波の音、夕焼けを見ていたら心も洗い流されました。
c0033994_10455229.jpg


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-10-06 10:45 | こども | Comments(0)

はじまり

c0033994_22553734.jpg
弟くんのお誕生日祝いは地元のサッカーチームLA Galaxyの試合観戦でした。

長い眠りから覚める、弟くんを見ているとそう思います。早くに眠りから覚める子、時間をかけて眠りから覚める子、子供によっていろいろなんだと思います。
c0033994_22554759.jpg
揺さぶってもなかなか目が覚めない子、弟くんはそういう子なんだと思います。
子供を見ていると、人は一生で親にかける苦労は平等なのかもしれないと思います。小さい頃、親に苦労かけた子はそのあとはそれほどでもなく、手がかからなかった子は後々違う形で手がかかるのだと。
小さい頃、お兄ちゃんは寝ない子でよく泣いて、夜泣きもひどく(夜驚症)、食物アレルギーがひどく(小麦、卵、乳製品)、風邪をひくたびに肺炎になり、気胸でICUに2週間入院したこともありました。忘れ物もひどく、授業中には鼻歌を歌ってばかりで親子で先生に叱られていました。一方、弟くんは、赤ちゃんの時からよく眠る子で、お腹がいっぱいになったらコトンと眠りに落ち、こんこんと眠り続けて存在を忘れるほど手がかからない子でした。風邪もほとんど引かず、なんでも食べていつも静かで、くまのぬいぐるみのようだとだんなさまと笑っていた子でした。学校に入っても、言われたことはきちんとできるそういう子でした。
c0033994_22555332.jpg
ところが、4年生くらいから、急に停滞して来ました。周りのお友達は冬眠から覚めるように、その頃にはみんなしっかりと目を覚まして自分の足で歩き始めているのに、弟くんはぼんやり夢の中にいるようでした。親や先生がいくら力ずくで眠っている人の手を引くように歩かせてもうまく歩けません。この二年間は親子で苦しい年でした。
c0033994_22555983.jpg
この秋、ミドルスクールに入ってその長い眠りからやっと本格的に覚まそうとしています。
周りへの気遣いや、説明も順を追ってきちんとできるようになって、比喩を用いるようにもなりました。11歳で当たり前の事だけど、そうした成長はその子その子で違うのだとおもいます。
脳のシナプスが繋がっていく。
弟くんを見ていると、今まさに脳のエンジンがかかり始めて、動き出そうとしているのだと思います。始めるのに遅いことなんて何もない。
このブログを見てくださっている方で、もし同じように悩んでいる方がいて小さな支えになったらうれしく思います。


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-19 22:54 | まいにちのこと | Comments(2)