ビスケットの缶

はじまり

c0033994_22553734.jpg
弟くんのお誕生日祝いは地元のサッカーチームLA Galaxyの試合観戦でした。

長い眠りから覚める、弟くんを見ているとそう思います。早くに眠りから覚める子、時間をかけて眠りから覚める子、子供によっていろいろなんだと思います。
c0033994_22554759.jpg
揺さぶってもなかなか目が覚めない子、弟くんはそういう子なんだと思います。
子供を見ていると、人は一生で親にかける苦労は平等なのかもしれないと思います。小さい頃、親に苦労かけた子はそのあとはそれほどでもなく、手がかからなかった子は後々違う形で手がかかるのだと。
小さい頃、お兄ちゃんは寝ない子でよく泣いて、夜泣きもひどく(夜驚症)、食物アレルギーがひどく(小麦、卵、乳製品)、風邪をひくたびに肺炎になり、気胸でICUに2週間入院したこともありました。忘れ物もひどく、授業中には鼻歌を歌ってばかりで親子で先生に叱られていました。一方、弟くんは、赤ちゃんの時からよく眠る子で、お腹がいっぱいになったらコトンと眠りに落ち、こんこんと眠り続けて存在を忘れるほど手がかからない子でした。風邪もほとんど引かず、なんでも食べていつも静かで、くまのぬいぐるみのようだとだんなさまと笑っていた子でした。学校に入っても、言われたことはきちんとできるそういう子でした。
c0033994_22555332.jpg
ところが、4年生くらいから、急に停滞して来ました。周りのお友達は冬眠から覚めるように、その頃にはみんなしっかりと目を覚まして自分の足で歩き始めているのに、弟くんはぼんやり夢の中にいるようでした。親や先生がいくら力ずくで眠っている人の手を引くように歩かせてもうまく歩けません。この二年間は親子で苦しい年でした。
c0033994_22555983.jpg
この秋、ミドルスクールに入ってその長い眠りからやっと本格的に覚まそうとしています。
周りへの気遣いや、説明も順を追ってきちんとできるようになって、比喩を用いるようにもなりました。11歳で当たり前の事だけど、そうした成長はその子その子で違うのだとおもいます。
脳のシナプスが繋がっていく。
弟くんを見ていると、今まさに脳のエンジンがかかり始めて、動き出そうとしているのだと思います。始めるのに遅いことなんて何もない。
このブログを見てくださっている方で、もし同じように悩んでいる方がいて小さな支えになったらうれしく思います。


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-19 22:54 | まいにちのこと | Comments(2)

超えていく

c0033994_06010888.jpg
お兄ちゃんが最近毎日、ガリガリの腕で腕たせ伏せをしたり、苦手な牛乳を飲んでいます。私の背を超えるんだと言っているのを見ると、あぁ、思春期だなぁとまぶしい気持ちになります。いつかは超えていく、超えられていく。親にとってはこんな風にうれしいものなのですね。
背は残念ながらまだ超えられていませんが(笑)、小人と呼んでいたお兄ちゃんに精神年齢はいつのまにか超えられていました。
そのお兄ちゃんが、かたやいまだ自分との闘いを続ける弟くんと一緒にもがく私を見ていて、「弟くんの参考になるんじゃない?」と、彼が学校の英語の授業で読んだという心理学者の教育に関する記事のリンクを送ってくれました。エレメンタリー時代に手を焼いたお兄ちゃんから、子育てのアドバイスをもらうようになるなんて、なんだか不思議な気持ちで読み始めました。送られた英語で書かれた長文の記事は私には難しい単語がたくさんで、途中まで読んでお兄ちゃんに内容を確認していたら、なんだか親と子立場が逆転してることに気がついておかしくなりました。

一方、まだ自分と戦っている弟くんも、自分が失敗したときや私が失敗したときに、きまって
「Everyone makes mistakes.」
と言ってにっこり笑います。肩の力を抜かせる魔法の一言を彼はどこで覚えてきたんだろうと不思議な気持ちになります。

いつかは親を超えていく。
それも意外とそんなに長い時間ではないことを知りました。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-17 06:26 | こども | Comments(0)

Dream Snow

c0033994_12594973.jpg
お兄ちゃんたちが小さいころ何度も読んで聞かせたエリックカールの「Dream Snow」の絵本。
セロファンのページをめくるといろんな動物が登場します。このてんてんのボタン雪とイメージが重なって手にした辻さんのガラスのめんちょこ。どちらもたからものです。

子供達の絵本はだいぶ処分しましたが、思い出の詰まったものは子供部屋から私たちの寝室に移しました。絵本を手に取るたび胸がキュンとします。
子供と過ごして一番楽しくて幸せだったのはプリスクール時代だったなぁと思います。毎日たくさん話して笑って子供からもたくさんインスピレーションをもらった日々でした。愛だけでできたあんな濃密な時間はあの時だけなんだと、えほんのぺーじをめくるたび甘酸っぱい気持ちになります。

c0033994_13004624.jpg


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-16 12:57 | こども | Comments(0)

見つめる

c0033994_05185155.jpg
弟くんが11歳の誕生日を迎えました。
(当日は弟くんのお友達を誘ってスリープオーバーしてもらいました。)
お兄ちゃんも弟くんもミドルスクール生に。
カリフォルニアは義務教育は小学校が5年、ミドルスクールが3年、ハイスクールが4年となっています。
日本でもそうだけれど、中学生やミドルスクールというこの3年間はとても難しいときなのだと思います。
いじめが起こるのもこの年頃、勉強についていかなくなったり反抗期を迎える子も。
体が立派でしっかりしているように見えるけれど、実はじっと親が見つめてあげないといけない時なのだと思います。
いい友人を見つけること、自分の立ち位置を知ること、勉強の習慣。本人だってなんだかうまくやれなくて、もどかしい年ごろなのかもしれません。そういう子供たちが集まっているのですから、それはすごいパワーなのだと思います。
先輩のお母さんの話や学校の先生の話を聞いていても、みなさん大変だったと口をそろえるのがミドルスクール時代。なんでもない子もいるとは思うけれど、どこかみんなこわれやすいもの暴力的な衝動みたいなものをもっているのもこの年ごろの特徴なのかもしれません。いじめを受けたり、学校に行けなくなったり、授業が荒れたり、このミドルスクールの3年間は本当に熱病のように特殊で、繊細で、それでいて一生に影を落とす人格形成の時間なのかもしれません。それだからこそ、お兄ちゃんも弟くんも、親としてこの3年間を守り抜くというと大げさだけれど、本当にそういう気持ちで向き合っています。
c0033994_05111361.jpg


[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-13 05:09 | こども | Comments(0)

新学年のスタート


連日34℃の猛暑がやっとおさまったので、ガトーショコラを焼きました。

新学期が始まって一週間が経ちました。
この一年は、お兄ちゃんと弟くんは2人とも同じミドルスクールに通います。今年はお兄ちゃんはハイスクールで0ピリオドを取るので、朝5時半起きになりました。きちんと起きれるのかかなり不安ですが、無事一週間を終えてホッとひと息。



[PR]
# by cinnamonspice | 2017-09-06 11:41 | 今日のおやつ | Comments(0)